第1章 総 則

(名称および事務局)

第1条 この会は、北海道札幌国際情報 高等学校PTAと称して、事務局を北海道札幌国際情報高等学校内(以下「本校」と言います)に置きます。

第2章 目的および事業

(目的)

第2条 この会は、家庭(保護者)と学校(先生)がお互いに理解しあい、 協力しあって、本校生徒が一人一人の持つ個性と能力を十分に伸ばし、豊かな人間性と社会性を育むために必要な教育環境を作ること、 また、保護者、先生の生涯学習の場とすることを目的としています。

(事業)

第3条 この会は、前条の目的を達成するために次の事業を行います。
1.学校の考える教育計画が円滑に実施されるための協力となること
2.会員がお互いに学びあい、理解しあうためのこと
3.他の教育に関わる諸団体と連携を取りあい、協力すること
4.国際交流や留学に関わること
5.生徒が健全に育つためのこと
6.生徒の進路実現の助けとなること
7.教育を進める上で必要な施設、設備が整えられるよう協力するためのこと
8.この他、目的を達成するために必要と思われることへの協力、助けとなること

第3章 会 員

(会員)

第4条 この会は、次の会員で構成されています。
(1)普通会員:本校に在籍する生徒の保護者または親権者と教職員
(2)賛助会員:教育に関心があり、この会の趣旨を理解し賛同しているとして役員会で認められた個人または団体

(会員の在籍期間)

第5条 会員の在籍期間は次のようにします。
(1)保護者または親権者の場合は入会の日からその生徒が在籍している期間
(2)教職員は本校に在職している期間
(3)賛助会員は入会が認められてから1年の期間。ただし、再入会は妨げない

(会費)

第6条
(1)普通会員は入会と同時に決められた入会金と普通会費を納めます。
(2)賛助会員は入会と同時に決められた賛助会費を納めます。

(臨時会費)

第7条 この会の運営上必要になった時、臨時総会の決議で臨時に会費を集めることができます。

第4章 役員・委員・顧問

(役員)

第8条 この会には、次の役員をおきます。
(1)会長   1名
(2)副会長  若干名
(3)会計 2名
(4)監査   2名
(5)理事   若干名
(6)事務局長 1名

(役員の任務)

第9条 役員は次のことを行います。
(1)会長は、会を代表し、会の運営や活動のすべてを総轄します。
(2)副会長は、会長を補佐し、会長が何らかの理由でその役目を行えなくなった場合には、その代理をつとめます。 副会長が複数のときは、会長代理の副会長はその中から互選します。
(3)会計は、会のすべてにかかわる会計を処理します。
(4)監査は、会計が適正に行われるように監査します。
(5)理事は、各委員会の活動が円滑に行われるようにつとめて、役員会に活動計画、実施報告を行います。
(6)事務局長は、会長の指示で会の運営に関わる事務を行います。

(役員の選出と任期)

第10条 会長・副会長・会計・監査は、会員の中から推薦委員会で推薦され、 総会で承認を受けます。
理事・事務局長は会長が委嘱します。理事は、各学年及び委員会の委員長がつとめることを基本とします。

第11条 役員の任期は1年とします。
再任も認めます。また、任期途中で欠員が出て新しく選出された役員の任期は、前任者の残りの任期期間とします。

(委員の選出と任期)

第12条 各学級より4名以上の委員を選出します。

第13条 委員の任期は1年とします。再任も認めます。

(委員の任務)

第14条 各学級より選出された委員は、学級ごとに学級委員会を、 学年ごとに学年委員会を作り、会長の指示のもと活動し、学年行事などに協力します。
また、それぞれ専門委員会(第6章)に所属します。

(顧問)

第15条 この会には、必要に応じて顧問をおくことができます。
会長が推薦し、役員会の承認を受けます。顧問は、会長の諮問を受け、また総会や役員会に出席することができますが、 議決権はありません。

第5章 会 議

第16条 この会の会議は、総会及び役員会とします

(総会)

第17条 総会は、この会の最高決議機関とします。

(総会の構成)

第18条 総会は、この会の普通会員と賛助会員で構成されます。

第19条 総会は次の事項について話し合わされ、決議されます。
(1)事業計画と予算、またその変更
(2)事業報告と決算
(3)役員の選出
(4)会費の徴収額
(5)会則の改正
(6)その他運営に関わる重要な事項

(総会の開催)

第20条 総会は年に1回、その年度の4月または5月に開催されます。
また、役員会で必要となったとき、また会員の3分の1以上から要請があったとき臨時総会を開くことができます。

(総会の招集)

第21条 総会は会長が召集します。また、会長は第20条での会員からの 要請があったときは、すみやかに臨時総会を招集しなければなりません。

(総会の議長)

第22条 総会の議長はその総会において、出席した普通会員、賛助会員から選出します。

(総会の定足数)

第23条 総会は委任状を含み普通会員、賛助会員総数の2分の1以上の出席が必要です。

(総会の議決)

第24条 出席した会員(委任状を含む)の過半数で議決されます。 可否同数の時は、議長が議決します。

(役員会)

第25条 役員会は第8条で決められた役員で構成されます。

第26条 役員会は、次期総会までの決議機関として、主に次のことを審議、決定します。
(1)事業の企画、予算・決算案
(2)総会で委任されたこと
(3)緊急に審議・決定しなければならないこと

第27条 役員会は、必要に応じて会長の招集で開催されます。

第6章 学級、学年委員会及び専門委員会

第28条 この会には、次の委員会を置きます。
(1)学級委員会及び学年委員会
(2)専門委員会 ・総務委員会 ・研修委員会  ・生活委員会 ・国際交流委員会 など

第29条 委員会の構成は次のようにします。
(1)学級委員会は、各学級の委員により構成されます。また学年委員会は各学年に所属する委員によって構成されます。 (活動内容は別途細則による)
(2)専門委員会は、各学級より選出された委員で構成されます。また、設置される各専門委員会(第6章第28条)について 各1名以上の保護者または親権者の選出が望まれます。(活動内容は別途細則による)

第30条 各委員会は、必要に応じて会長の承認を得て、委員長が召集し開催されます。

第7章 推薦委員会

(推薦委員会の構成)

第31条 この委員会は役員の選出にあたり、審議をおこない役員候補を総会に推薦します。
(1)推薦委員会の委員は、本校の校長より委嘱されます。
(2)推薦委員会の委員は、保護者代表3名、PTA経験者代表2名教職員代表3名で構成されます。
(3)推薦委員会の委員長は、委員の中から互選されます。
(4)推薦委員会の会議は、委員長が招集します。

第8章 支 部

第32条 この会には、必要に応じて支部をおくことができます。
 支部の組織及び運営には別途細則に定めます。

第9章 事務局

第33条 この会に事務局を置きます。
(1)事務局員は若干名とし、会長が本校の職員に委嘱します。
(2)各委員会に若干名の事務局員をおくことができます。
(3)事務局員は、事務局長の指示で職務を行います。

 

第10章 会 計

第34条 この会の会計は、入会金、会費及び寄付金で賄われます。 また、入会金及び会費の額は別途定めます。

第35条 この会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年の3月31日をもって終わります。

第11章 会則の改正

第36条 会則の改正は、総会において委任状を含む出席会員の3分の2以上の賛成を必要とします。

第12章 細 則

第37条 必要に応じて、別途細則を設けることができます。
細則は、役員会において決め、会長は総会で会員に報告しなければなりません。

附則

この会則は、平成7年4月27日から施行する 平成8年4月30日に改正施行する。
平成9年5月2日に改正施行する。
平成16年5月10日に改正施行する。
(ただし、第10条、第31条は平成16年5月11日より施行します。)